MASTERPIECE - Coyo official blog -

フリースタイルカヤックの紹介ブログです。動画・写真更新してます。06SQTワールドチャンピオン05K-1日本チャンピオン森田恒陽によるカヤック研究所。    フリースタイルカヤックの発展とレベル向上のために尽力します。

注目トピックス!
※新技★「ボルケーノBL」★「タイフーン」「クレッセント」




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

カイツナ/プレイウェーブ

スポット紹介 第(15)回

「カイツナ/プレイウェーブ」

NZランド北島のカイツナリバーです。
カイツナにはいくつも遊べるスポットがあります。
プレイウェーブは水量が少ない時に遊べるスポット。
水量は上流のゲートが130~170くらいで楽しく遊べます。



↓ブラントばかりやってる映像。水量130
スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

ミステリームーブ(ホール)

技紹介シリーズ第(28)回目
「ミステリームーブ」

水の中に完全に潜ってしまうフリースタイルカヤックの技の1つ、ミステリームーブです。
しっかり水を受ければ大きなボートでも簡単に水の中に沈みます。

今まではSQTボート(薄くて長いボート)でしかできないとされていましたが、やり方次第でプレイボートでのフリースタイルにも様々な可能性を秘めています。

スポットはNZランド北島のボトムホール。
使用ボートはジャクソンカヤックのスターです。
慣れれば結構色々なスポットで決める事ができます。

潜ってからの浮かび上がりの際に技を決める事もできる。→ボルケーノ

この時はだいたい2~3秒潜っていますが、浮かんでくるのが下流側なのでビデオには映っていません

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

記事をまとめました。

フルジェームスの記事
ワイロア/サーフウェーブの記事
プロジェクト45の記事
の複数の記事を1つにまとめました。

データベースとして、後で見て見やすくなる様にしていきたいですね。

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

帰国しました

COYOです。
日本に帰ってきました。
や、もう。雪は降るし風は強いしで寒いですねぇ。

今日は帰国後静水での初漕ぎ。
愛艇G-force6.1に久々に乗りました。うーん、いいボートだ。ほんと。

NZでこれでもかというくらい漕いで来たのですが、ウィズネイチャーの皆も冬練ばっちりだったみたいです。
特に女性メンバーの須田さんが課題の「静水5分間バーチカルムーブ継続」を軽々と(?)やってのけたのには正直驚きました。
その間のエンド数実に200エンド近く。全てカートに換算したら100回転。

初めてギネスに記録が載った時は35回転(当時のボートはXXXでしたが)だった事を考えると、驚愕の記録。

常々「一番大切なのは基礎だ。他は後からいくらでも手に入る」と言っていますが、彼女の動きはだいぶ良い線になってきました。
これからさらに急激に上手くなる事が、上手くさせて上げる事ができると思います。

上手くなるのに重要なのは、何を差し置いても理論。
ボートを回すのに必要な、合理的な理由さえそろえば、老若男女、体格、筋力、あらゆるタイプの人が上手くなれると確信しています。

次の記事からまたムービーをアップする予定です。近いうちに新技発表もあるよ!
乞うご期待!!

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

そろそろ帰国しまーす

今年もNZでは色々ありました。
短い期間で新しい技をこんなに覚えたのは初めてかも。
動画も徐々に載せていきます。
愛用のカメラやその他もろもろ盗まれちゃったのはちょっと悔しかったけど、カヤックに関してはかなり豊作な年でした。
ではでは、また日本で会いましょう。


テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

フルジェームス

スポット紹介 第(14)回。

「フルジェームス」
1999年にワールドチャンピオンシップも行われたニュージーランドの超有名スポット。
北東の真ん中あたりにあるタウポから車で20分ほどの場所に位置する。

2005年に一度土地の所有者との問題で立ち入り禁止になってしまったが、今はタウポの町で手続きをしてゲートの鍵を借りれば(有料)、遊ぶことができる。友達を誘っていこう。

上流にあるアラティアティアラピッズから2時間に一度水が流れてくる。
遊べる水量は160~260くらい。
乗っていて楽しいのは185~225くらい。
水量は電話で確認する。
0800820082(フリーダイアル。国内のみ電話可能)
アナウンスが流れたら5番を押すと現在の水量が聞ける。

最高の水量の状態に当たる事ができるかは運だが、もし状態がよければかなり熱いウェーブが期待できる。よく走り、よく跳ね、残る。
下のビデオではまぁまぁの状態。ちょっと難しい。

一つ気をつけることは商業用のジェットボート「ラピッドジェット」が時々お客さんを乗せてやってくるので、その時はウェーブをあけてあげるように。

水が少なくて乗れないときは下流右岸側のエディから天然の温泉が湧いているので、そこに入りに行くのも楽しい。


↑ムービーの水量は160→180→160の下がりはじめの頃。


↑水量が少ないときのムービー。
ホントにサーフィンしかできない。
この時の水量は約160

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

シューティングスター

ボートレビュー第(13)回目

ジャクソンカヤック「シューティングスター」

スペック
全長154cm  全幅52.5cm 容量 112L 艇重9kg 適応体重:30~50kg台まで、身長は158cmくらいまで。
発表:2007年

日本人女性の体格(155cmくらいまで)には最強のボート。
それよりも多少身長が高くても、現時点ではこのボートに太刀打できるボートはほとんどない。
下の動画は僕が乗っているものなのでジョーク程度に参考にしてください。

静水・ホールで縦の動きを覚えたかったら女子はこのボートを使うべき。
このボートを手に入れた時点で技が半分できたも同然。
ウェーブでは短い分だけ走りが悪いので、ニュースターの方が良い場合も。
とにかく、小柄な人には待望のボート。これからはこのボートが日本人女性のフリースタイルボート選びの基準になりそう。

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

プロジェクト45インプレ。ホール。

カイツナ・ボトムホールでウェーブスポーツのプロジェクト45に乗りました。
よく動いてかなり良いボートです。
特にループの飛びはニュースターよりも全然上ですね。
近いうちに静水編のレビューと合体させます。

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

カイツナエクストリームレース(動画)

NZのカイツナ川で毎年行われているエクストリームレースです。
ゴールは1.5km下流のボトムホール。
全員同時スタートで、このまま滝に突っ込んでいきます。
クレイジーな人におすすめ。

艇種を問わないロングボートクラスの他にも、プレイボート(ショートボート)クラス、二人乗りクラス、スレッジ(ビート板)クラス、ラフティングボートクラス等があります。

何部門エントリーしても参加費5ドル(450円)

テーマ:エクストリーム系スポーツ総合 - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

カイツナビギナーウェーブ

スポット紹介 第(13)回。

「カイツナビギナーウェーブ」
スタートから約200mくらい、スラロームのコースの終わりにあります。

この日の水量はゲート200。かなり少なめです。
もう少し多ければ色々できる技が増えてきます。
パワーが無いので初心者でも怖くないけど、ロールが何回も失敗して遅れると下の瀬に落ちちゃうかも?
滝まで行きたくない人はすぐ下流の左岸側から上がれます。

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

カヤック積みすぎ

NZのカイツナリバーでの日常風景。
車にカヤック積みまくっています。

テーマ:エクストリーム系スポーツ総合 - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

ワイロアリバー

2007年度、NZのワイロアリバー大増水中のムービーです。

この状態でも下りに行く人が何人もいるのがすごい。
もちろん自己責任で。

普通の状態のムービーも近いうちにUPします。

テーマ:エクストリーム系スポーツ総合 - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

Wavesport「Z」

ボートレビュー第(12)回目

Wavesport「Z」

スペック
全長252cm  全幅65cm 容量 238L 艇重17.7kg 適応体重:大柄の人向け
発表:???年


用途別の感想。
(COYO:170cm67kg)

静水 
それ用のボートではない。

ホール 
意外と操作しやすい。
刺すのもそんなに苦にならない。深さがある場所ならゆっくり回せて楽しいかもしれない。
短いボートにはない楽しさはある。

ウェーブ 
ホールと同じく、長さのわりに扱いにくいという印象はない。
長さを理解してまわせばなんとかなるかも?
長いのでサーフィンは楽だが、跳ねは期待できない。
ブラント系の技も長さが邪魔をして少し難しい。
が、クレッセントなら長さを無視できるのでできない事はない。

その他
初心者スクール用として、フリースタイル入門にも良さそうな感じ。
サーフィンも楽。ロールも普通。ただし、担ぐときに少し重い。

(2008/1)

ウェーブムービー
「エージェント6.0」


テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

エージェント6.0

ボートレビュー第(11)回目

Dagger「エージェント6.0」

スペック
全長180cm 全幅61 cm 容量158L 艇重13kg 適応体重36 kg-65 kg
発表:2007年


用途別の感想。
(COYO:170cm67kg)

静水 
見た目は小さい。ボリュームも158lということで、小さめの部類に入る。
乗った感じも沈んで見える。
ただし、ボートを回した時の感触はビックリするくらい重い。
正直スペースキャデットクラシックオールスターの方が回しやすく感じてしまう。
ジャクソンカヤックで2FUNという女性向けのボートがあったが少し似た感じだろうか。
小さいのでむりやり回すことはできても非常に重さと遅さが気になる。
このボートで静水を覚えるのは少し大変そうだ。

ホール 
初めの一刺しはとてもやりやすい。
スムーズに水の中に入っていく感じ。
静水ではマイナスに働いたロッカーのなさがここでは活きている。
ただし、回転は少し遅め。
ループはまぁまぁ飛ぶが、特に抜けが良いという印象はない。

ウェーブ 
おそらくこのボートの一番の売りはウェーブだろう。
ただし、ウェーブでは試したことがないのでわからない。
2007年度のワールドでもK-1男子のトップ10に2人エージェント使いがいた事を考えると、ポテンシャルはあるように見える。
但し、ウェーブでの動きを見る感じ、跳ね、走り、扱いやすさともに最高というわけでは無い様に見える。ダガーのボートで言えば、走りと扱いやすさならクレイジーやGフォース、跳ねならキングピンやGフォースをおすすめしたい。

その他
軽い女性が乗るのであればダウンリバーには良いかもしれない。足は速そう。
ダウンリバーしながらサーフィン程度、というのであればおすすめ。
だが、ピュアロデオマシーンとしては、、、。

(2008/1)

静水ムービー
「エージェント6.0」

このページのトップへ

FC2Ad

COYO’sおすすめ動画

音量注意!右下のボタンで音量変更

カテゴリー

 ★ 全タイトルを表示

カテゴリーで見つからない場合は検索してね

最近の記事

プロフィール

coyo

coyo
主な競技歴←クリック
03・04年度SQT日本チャンピオン
05年度オーストラリアワールドチャンピオンシップSQT部門銅メダル
05年度フリースタイルカヤック男子K-1部門日本チャンピオン
06ワールドカップチャンピオン
カートホイールのギネスワールドレコードホルダー
 

いつもは東京・多摩川で漕いでるよ。
メールはこちら。
koyo-m@hotmail.com

カレンダー(月別)

01 ≪│2008/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近のコメント

水量情報

リンク


★  その他のリンクは↑↑をクリック!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。