MASTERPIECE - Coyo official blog -

フリースタイルカヤックの紹介ブログです。動画・写真更新してます。06SQTワールドチャンピオン05K-1日本チャンピオン森田恒陽によるカヤック研究所。    フリースタイルカヤックの発展とレベル向上のために尽力します。

注目トピックス!
※新技★「ボルケーノBL」★「タイフーン」「クレッセント」




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

北陸大会 ~会場予備知識~

2006JFKS北陸大会

今回の大会会場は富山県八尾町・井田川・スラロームコース内・人工ホール。
八尾町の井田川と言ってもカヌー関係以外の人はほとんどの知らないんじゃないかな。

って事で軽く井田川コースの説明です。


☆井田川は神通川に通じる小さな支流。
富山県の八尾町ではこの井田川を全面的に改造して、カヌースラローム(ゲートをくぐるタイムアタック競技)のオリンピック選手強化用の人工コースにしています。
走り幅跳びの選手だったら飛びこせちゃうんじゃないかと思う位の川幅しかないのに、そこは人工的に計算されて作られた川、自然の川に負けないどころかずっとずっとパワフルな流れが選手達を待っています。

さらにオリンピック選手育成用に作られただけあって、周辺施設もしっかりキレイな物が完備。
トイレ、水、2階建ての体育館、倉庫、駐車場等ばっちりです。

大会会場のコース内メインホールはこれまでもフリースタイルの大会場所として使われてきました。
人工とは言え、自然の川を改造して作った物なので、台風や大水が来るとやはり形状に影響を受けます。
そのためある時は「あ~、やっぱ滝つぼって人が吸い込まれるんだ~」と納得できるような殺人ホール、
またある時は技を出したくても出されてしまうフラッシー(出やすい)なホールと形が変わり、参加者を悩ませます。
どういう理屈でホールの形が変わってしまうのか、もう少し水力学的に調べたい所。
とは言え水量を人工的に調節でき、壊れても修復可能、さらに観客も見学しやすい、海外の大会会場にも負けないパワフルな流れ、と、大会の会場としてはこれ以上ないスポットと言えます。


今日はこんなところで。
またいずれスポット紹介で取り上げまーす。

~続く~




ランキング参加中!
日本中の皆にフリースタイルカヤックを知ってもらうため、1クリックずつぽちぽちお願いしまーす
blogランキング
カヤックやろうぜ!


FC2ブログランキング
頑張れフリースタイルカヤック!


スポンサーサイト

テーマ:エクストリーム系スポーツ総合 - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://coyosmasterpiece.blog62.fc2.com/tb.php/39-feb37487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

COYO’sおすすめ動画

音量注意!右下のボタンで音量変更

カテゴリー

 ★ 全タイトルを表示

カテゴリーで見つからない場合は検索してね

最近の記事

プロフィール

coyo

coyo
主な競技歴←クリック
03・04年度SQT日本チャンピオン
05年度オーストラリアワールドチャンピオンシップSQT部門銅メダル
05年度フリースタイルカヤック男子K-1部門日本チャンピオン
06ワールドカップチャンピオン
カートホイールのギネスワールドレコードホルダー
 

いつもは東京・多摩川で漕いでるよ。
メールはこちら。
koyo-m@hotmail.com

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

水量情報

リンク


★  その他のリンクは↑↑をクリック!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。